コラム 

時のかけら

tokinokakera.jpg

江戸時代、北前船の寄港地(備後国)として栄えてきた鞆の浦。朝鮮通信使や琉球使節も訪れ、現在でも江戸時代の港湾施設や町並みが残っています。そしてここには、もう一つのミステリースポット、びっしりと陶片の詰まった干潟があります。寄港する船から捨てられたのか江戸初期から昭和初期までの多種多様な陶片。海岸を散歩すると、運がよければ「時のかけら」に出会えるかもしれません。